荷物 運ぶ 業者

荷物を運ぶ業者を探しているなら安くて簡単なこちら

荷物を運ぶ
荷物を自分で運ぶのは大変

 

大きな荷物を自分だけで運ぶ人はほとんどいません。

 

下手に動かすと床や壁を傷つけてしまいますし、素人には大変な作業だからです。

 

引っ越し業者が、万が一、破損させてしまったり、壁を傷つけても、保険がありますので安心です。

 

運搬料金も引越しの一括見積もりで簡単に比較できますので、どこが一番安いかすぐにわかります。

 

まずは引越し見積もりで運搬料金を調べてみましょう!

 

【無料】 >>荷物の運輸料金を引越し見積もりで調査<<

 

 

引越しの荷物運搬、バカにできません!
家の中を見渡して大きな家具家電があったら、絶対引越し業者にお願いすることをおすすめします。

 

引越し費用を安くあげようと思ったので知り合いに軽トラックを借りて、自力引越しを試みました。
大きな荷物に差し掛かった時、後悔しました。

 

うちのテレビボートは無垢の特注品で、見た目以上に重かったのです。
想像以上に重くて、危なくギックリ腰をやるところでした。

 

そして最大の難関だったのが冷蔵庫です。
うちの玄関は高台になっており、階段が3段ほどありました。
ここを乗り越えるのに何分費やしたかわかりません。
さらに新居のキッチンまで狭い廊下を通過するのに苦労しました。

 

せめて冷蔵庫だけでも引越し業者にお願いすれば良かったです。
翌日も筋肉痛でろくに動けなかったので、

 

全部お任せすれば良かったと後悔しきりです。
次に引越しするときは絶対に一括見積もりをして、気合を入れて安い業者を探すつもりです。

 

お任せするだけで荷物を運んでくれる運輸方法は簡単べんりな一括見積りがおすすめです。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

小さい子がいる場合の引越し

 

冷蔵庫運搬小さい子

 

小さいお子さんがいると引越しの作業はなかなかはかどりませんね。

 

通常の引越しの倍くらい時間がかかると思って、早めに準備をしましょう。
よく使うものだけを最後にして、それ以外のものはどんどん梱包してください。

 

食器は1つ1つ新聞紙や緩衝剤にくるむなど手間がかかります。お子さんが幼稚園やに行っている間など、邪魔をされない時間に終わらせましょう。

 

衣類も季節外れのものからどんどん梱包していきます。
食器なども使うもの数点を残してどんどん梱包しましょう。

 

絵本やおもちゃも大人としてはさっさと梱包したいところですが、そういう時に限って子どもは「あのおもちゃで遊びたい!」などというものです。
お子さんのおもちゃはあまり仕舞い込みすぎないようにしておいたほうが、お互いストレスが少ないです。

 

そして気をつけないといけないのは、お子さんの体調です。
引越しという環境の変化を敏感に感じ取って熱を出すお子さんも少なくありません。 

 

ダンボールに囲まれると普段使うものがみつからないことがあり、保険証がないなどのトラブルもあります。
貴重品や大事なものは引越し業者にまかせっきりにせず、自分管理にしておいてくださいね。

 

引越し当日はできればお子さんはいない方が安全かつ作業がはかどります。

 

大きな家具が動きますし、トラックもあります。大人も引越し作業でヘトヘトになので注意散漫です。
そんな中で小さなお子さんがいたら、安全を約束することができません。

 

実家に預けたり、友達に数時間みてもらう、一時保育を手配する、ファミリーサポートを利用するなど何とか預け先を探してみましょう。
それでも誰にもお子さんをみてもらえない場合は夫婦どちらかが引越し作業、どちらかが保育を担当します。
さらに家具の配置を紙にメモしたりダンボールに置き場所を書いたりと効率よい方法を探してみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

 

妊婦さんの引越し

 

冷蔵庫運搬妊娠

 

妊娠中なのに、引越しすることになった!
そういう方は少なくありません。
旦那さんの急な転勤で妊娠中に引越しすることになったら、どうすればいいのでしょう?

 

まずはとにもかくにも新しい土地の情報を集め、新居の近くに産院はあるのか自力で通える距離なのかなど、検診のスケジュールと引越しが重ならないように調整しなければなりません。

 

そして荷物の梱包ですが、重い物を持つのは危険なので大きなダンボールには気を付けてください。
衣類などの軽いものでも、大きなダンボールに入れると重くなります。
うっかり持ち上げて破水したり出血してはいけませんので、荷物を梱包する場合は重さに気を付けてください。

 

妊娠中はひどいつわりで動けない妊婦さんも多いです。
安定期に入ってつわりがおさまったら頑張ると思っているかもしれませんが、妊娠中に安全な日というのはないと思ってください。

 

体が1番大事ですから、どうしても動けない方は引越し業者のサービス「引越しおまかせパック」を利用しませんか?
おまかせパックは梱包から荷解きまですべてやってくれる便利なサービスです。

 

あなたは貴重品や大事なもの、高級品、現金や通帳、パソコンやデータなど大事なものだけ自分で管理するだけです。
妊娠中は自分自身で予定が決められない特殊な時期ですから、無理をせずに引越ししてくださいね。