荷物 運ぶ 業者

荷物を運ぶ業者を探しているなら安くて簡単なこちら

荷物 運ぶ

荷物 運ぶ 費用

荷物 運ぶ 価格

荷物 運ぶ 相場

荷物 運ぶ 安い

 

荷物を自分で運ぶのは大変です。
大きな荷物は特に自分だけで運ぶのは難しく、下手に引きずったりすると物件の床や壁を傷つけてしまいます。

 

荷物を運ぶと言えば郵便局・便利屋・宅配業者・引越し業者などが思いつきますね。
しかし郵便局は大きな荷物の配送はしていませんので除外されます。

 

荷物を安く運んでくれる業者を探すなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

荷物 運ぶ 比較

 

便利屋は1時間○○円、30分ごとに追加料金が発生しますので、家の中での荷物の移動にはオススメです。
しかし離れた場所へ運ぶ場合は、あまりオススメできません。

 

宅配業者は大きな荷物を運んでくれる所もありますが、家財便を扱う大手くらいです。
そして費用面についてはライバルがほとんどいないため、やや高めに設定されています。

 

引越し業者はちまたに沢山あり、家財のみを運ぶサービスもあるので期待が持てます。
しかし料金の記載をしているところがほとんどないため、見積もりを取ってみないと料金がわからないのです。

 

どこが一番安いのかハッキリしたいなら、引越し業者一括見積もりをして比較するのがオススメです。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

レンタルのトラックで荷物を運ぶ

 

引越し レンタルトラック

 

レンタルトラックで大きな家財を運べば、安く引越しできるのではないだろうか?
誰しも一度は頭をよぎるのではないでしょうか?
実際はどうなのか、いろいろとシュミレーションしてみました。

 

まず普通免許で借りることの出来るトラックは2t未満ですので、1tトラック・1.5tトラック・軽トラックが借りられます。
荷台の大きさはだいたい以下の通りで、どのトラックを選ぶかは家具のサイズやほかの荷物の量で決めてくださいね。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

トラックのレンタル料は、どのサイズもおおよそ1日7000円前後です。
返却間際にガソリンを入れ、レシートを返却しなければなりませんから、結局使った分のガソリン代もかかります。

 

これだけで荷物をすべて運べるのなら安いです。
しかし大きな家具があるときは1人では運べませんから、だれかお手伝いをしてくれる人が必要です。
その場合はその方への謝礼なども必要です。

 

レンタルトラックでの引越しの最大の問題は距離です。

 

近くであれば非常に効率的に荷物を運ぶことができますが、遠距離への配送となるとそうはいきません。
往復の交通費か、トラックを借りた店舗と違う店舗へ返却するための手数料のいずれかを払う必要があります。

 

この場合は「安く引越し」という目的が非常に微妙ですから、引越し業者へ見積もりを取って比較することをオススメします。

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期というものがあり、その時期はとにかく引越しの依頼が多くて費用も高めになります。
もし荷物を運びたいなら、この時期は避けることをオススメします。

 

引越し業者の繁忙期は3月前後で、この時期は日本全国の引越し業者が大忙しとなります。
なぜ3月が繁忙期なのかというと、新学期に向けて引越しをする新大学生や新社会人が多いからです。

 

また春の大規模な人事異動で、サラリーマンやその家族の引越し、単身赴任などもあります。
会社の命令なのでどうしても避けられないのです。

 

繁忙期はスタッフを増員したり、残業も多くなるため、人件費がコストアップします。
そのため引越し業者は繁忙期は割引などをすることができず、通常期よりも費用が高くなるのです。

 

 

小さい子がいる場合の引越し

 

冷蔵庫運搬小さい子

 

小さいお子さんがいると引越しの作業はなかなかはかどりませんね。

 

通常の引越しの倍くらい時間がかかると思って、早めに準備をしましょう。
よく使うものだけを最後にして、それ以外のものはどんどん梱包してください。

 

食器は1つ1つ新聞紙や緩衝剤にくるむなど手間がかかります。お子さんが幼稚園やに行っている間など、邪魔をされない時間に終わらせましょう。

 

衣類も季節外れのものからどんどん梱包していきます。
食器なども使うもの数点を残してどんどん梱包しましょう。

 

絵本やおもちゃも大人としてはさっさと梱包したいところですが、そういう時に限って子どもは「あのおもちゃで遊びたい!」などというものです。
お子さんのおもちゃはあまり仕舞い込みすぎないようにしておいたほうが、お互いストレスが少ないです。

 

そして気をつけないといけないのは、お子さんの体調です。
引越しという環境の変化を敏感に感じ取って熱を出すお子さんも少なくありません。 

 

ダンボールに囲まれると普段使うものがみつからないことがあり、保険証がないなどのトラブルもあります。
貴重品や大事なものは引越し業者にまかせっきりにせず、自分管理にしておいてくださいね。

 

引越し当日はできればお子さんはいない方が安全かつ作業がはかどります。

 

大きな家具が動きますし、トラックもあります。大人も引越し作業でヘトヘトになので注意散漫です。
そんな中で小さなお子さんがいたら、安全を約束することができません。

 

実家に預けたり、友達に数時間みてもらう、一時保育を手配する、ファミリーサポートを利用するなど何とか預け先を探してみましょう。
それでも誰にもお子さんをみてもらえない場合は夫婦どちらかが引越し作業、どちらかが保育を担当します。
さらに家具の配置を紙にメモしたりダンボールに置き場所を書いたりと効率よい方法を探してみてはいかがでしょう?

 

 

妊婦さんの引越し

 

冷蔵庫運搬妊娠

 

妊娠中なのに、引越しすることになった!
そういう方は少なくありません。
旦那さんの急な転勤で妊娠中に引越しすることになったら、どうすればいいのでしょう?

 

まずはとにもかくにも新しい土地の情報を集め、新居の近くに産院はあるのか自力で通える距離なのかなど、検診のスケジュールと引越しが重ならないように調整しなければなりません。

 

そして荷物の梱包ですが、重い物を持つのは危険なので大きなダンボールには気を付けてください。
衣類などの軽いものでも、大きなダンボールに入れると重くなります。
うっかり持ち上げて破水したり出血してはいけませんので、荷物を梱包する場合は重さに気を付けてください。

 

妊娠中はひどいつわりで動けない妊婦さんも多いです。
安定期に入ってつわりがおさまったら頑張ると思っているかもしれませんが、妊娠中に安全な日というのはないと思ってください。

 

体が1番大事ですから、どうしても動けない方は引越し業者のサービス「引越しおまかせパック」を利用しませんか?
おまかせパックは梱包から荷解きまですべてやってくれる便利なサービスです。

 

あなたは貴重品や大事なもの、高級品、現金や通帳、パソコンやデータなど大事なものだけ自分で管理するだけです。
妊娠中は自分自身で予定が決められない特殊な時期ですから、無理をせずに引越ししてくださいね。

 

 

同じ市内で引越しした場合の学校の手続き

 

引越し転校

 

引越しに伴って小学校を転校することになったら、まず何をすればいいのでしょうか?
小学生のお子さんの転校手続きを詳しく解説します。

 

1.引越しすることが決まって転校しなければならない地域だった場合、まずは学校に電話をかけて担任の先生にお知らせしましょう。
先生が書類を用意してくれますが、日数がかかることもありますので引越しが決まったら早めにご相談ください。

 

もしすでに新居が決まっていればその住所もお知らせください。
まだ決まっていない場合は、決まったらすぐに連絡しましょう。

 

しばらくすると学校から「在学証明書」と「教科書給付証明書」が発行されます。
印鑑を用意して取りに行きましょう。

 

2.そして引越しをしたら市役所で転居届を提出します。
これは引越し後2週間以内に出してください。

 

そして市役所の中にある教育委員会もしくは関連施設に「在学証明書」を提示すると、通うべき転入先の学校を教えてくれて、「転入学通知書」を発行してくれます。

 

3.転入先の学校にまず電話で転入したいということを伝えて、学校訪問日を決めます。
学校の雰囲気なども知っておくといいのでお子さんも同行するのがオススメです。

 

訪問日に「在学証明書」と「教科書給付証明書」「転入学通知書」を持っていき学校に提出します。
そのときに学校の特徴、必要な用品などを聞いておきます。

 

4.そしてお子さんと一緒に体操服やジャージ、通学帽子などの学用品を買いに行きましょう。