荷物 運ぶ 悪天候

悪天候の中の引越し

引越し 悪天候


引越し日が快晴であればいいですが、雨や雪だった場合でも引越しは普段通り行われます。

 

引越し業者は細心の注意を払って、家財が濡れないように対策をしながら荷物の運搬・配送を行ってくれます

 

しかし完璧な防水対策は難しいので、自分でもできるだけ対策をしましょう。
水分に弱い精密機器や家電製品・高価な革製品などは雨を想定して念のためビニールでしっかり覆ってから梱包してください。

 

薄い段ボールは濡れるとさらに強度が落ちて危険です。
できるだけ頑丈なものに入れてしっかりガムテープを貼りましょう。

 

濡れた段ボールをそのまま床に置くとシミになりますし、開けるのが遅いとカビが生えることもありますから速やかに荷解きしてくださいね。

 

さて問題なのが台風や豪雨です。
もし日程的に直撃の場合は、早めに引越し業者と話し合って決めましょう。

 

前日や当日に引越し業者をキャンセルする場合は、キャンセル料がかかることもあります。
天候によるものなのでキャンセル料を請求されるかどうかは引越し業者次第ですが、請求されても文句の言えない時期ではあります。

 

ですから台風直撃の予報が出た場合は、速やかに引越し業者と話しあう必要があります。

 

なぜならたとえ引越し業者の荷物が運べたとしても、自分が新居にたどりつかないことがあるからです。
台風の時には飛行機の欠航や新幹線の運休に当たることもあり、引越ししたくとも出来ないのです。